枕探しにお金も時間もかけたけれどいまだにしっくりする枕に出会っていないあなたへ

今回は、枕探しが暗礁に乗り上げて

お先まっくら

というあなたのためのお話です(°∀°)b

整体ですすめられて、3万円の枕を買ったのに、

枕外来に何度も通って、いくつも枕を作ったのに、

首痛い、

肩痛い、

眠れない、

いびき、

が解消しないのはなぜ〜((((((ノ゚⊿゚)ノ

というお客様を何人もみてきました。

まずは、高額なものを買いさえすれば問題が解決する、

という安易な発想は捨てましょう(*^.^*)

そもそも枕が合わないと考えたきっかけは?

何かしら不調があったということでは?

そして、その原因を枕のせいにした、という。。。”(-“”-)”

枕のせいだけではない、ということかも(°∀°)b

そうなんです、

自分に合う枕を探そう、

ではなくて、

枕に自分を合わせよう、

という発想を持つことが問題解決の近道だったりします。

枕難民のお客様を何人も見てきて、

共通することは、

皆さん、

姿勢が悪い

という点です。

姿勢が悪いから、首に不調で出る、

それを枕を変えることで問題解決しようというスタートが違うんです。

なので、私からの提案は、

姿勢をよくしましょう

ということなのです(°∀°)b

姿勢をよくする方法は多々ありますが、

今回は、せっかくなので(?)

枕を含めた寝具を利用して姿勢をよくして、

それでもって、(枕を変えたいと望む原因である)不調を改善していきましょう!

というお話をします。

そもそも、枕単体で何とかしよう、という発想がちょっと違うんです。

敷物にも目を向けてほしいんです。

枕だけ変えて、カラダが沈み込むフカフカのベッドやマットで寝ていては、

悪い姿勢が強調されてしまうのです。

敷物には、ある程度の硬さが必要です。

理想は、

板敷きにあおむけ寝です。

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

腰が痛くてあおむけ寝ができなければ、

それが首の問題にもなっています”(-“”-)”

あおむけができるような対策をとらなければなりません(”◇”)ゞ

今回は、その対策はわきに置き(°∀°)b

あおむけができない場合も含めて、おすすめ寝具を紹介していきます。

健康な人も、時には横向きで寝たいとこもあるでしょうし、

いつの間にか横向き寝していることもあります。

横向き、きもちE〜〜(⋈◍>◡<◍)。✧

ですから、横向きになっても首に負担をかけない枕を選ぶ必要があります。

私が自分でも使用し、お客様にすすめて好評な枕は、

こちらです。

 ↓ ↓ ↓

重力解放枕

Myeformさんの重力解放枕、4,980円です。

それほど高額ではありません。

でも、お客様に一様に好評なんです。

この形だと、横向き寝をしても頚椎ホールドされるので、頚椎のズレを幾分防ぐことができます。

(あくまで理想はあおむけ寝です(°∀°)b)

特に睡眠時の障害がなかった私でも、この枕に変えたとき、明らかに安眠できたことに気付きました。

枕でこれだけ違うんだ!! ← 正直な感想

もう何年も使い続けています。

お客さんには、店頭販売せずに、「アマゾンで買ってくださいね〜」と伝えるのみです。

時々、似ている枕を間違えて買う人がいるので”(-“”-)”、URLだけはしっかり伝えます。

整体院とかで高額販売している枕を購入することは、

整体院の売り上げに貢献することにはなるけれど、

あなたの健康に貢献しているかどうかは別問題なのです。

ちなみに、昔はやったこーゆータイプの枕は、頚椎の自然なカーブを崩してしまうので、おすすめしません。

後頭部が沈み込み自然な頚椎カーブをキープできる形になる、こちらがよいです\(o ̄∇ ̄o)

↓ ↓ ↓

おすすめ枕

さて、枕とセットでそろえるとベターなマットの紹介を一緒にしようと考えていたのですが、

お話が長くなってきたので、

次回、別の記事でお話します!

乞うご期待ヾ(@°▽°@)ノ

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。