布団の概念を覆す、薄くて軽い吸湿&発熱掛け布団に日本の繊細な技術力をみる

枕、マット、と続いた記事に続き、

今回は、おすすめの掛け布団、いきますヾ(@°▽°@)ノ

そろそろ、冬支度の季節ですしね(°∀°)b

長野育ちの私は、

布団と言えば、

ぎっしりと綿がつまっていて、

ズシリと重い、

旅館に積み上げられている布団をイメージし、

お天気の良い日によいしょよいしょと外に干し

おねしょをしたら大騒ぎ((((((ノ゚⊿゚)ノ

なんだかおもーいイメージがつきまとう布団

なのですが、

そんな重いイメージを吹き飛ばす布団に出会ってしまいましたヾ(@°▽°@)ノ

昨年の冬の出来事です。

殊の外寒さに弱い私は、暖かい掛け布団を買いたくなりました(°∀°)b

きっかけは忘れてしまいましたが、

なぜか、「吸湿&発熱」というワードにとりつかれた私は、

きゅうしつ、はつねつ、きゅうしつ、はつねつ、とつぶやきながら、掛け布団を検索していました。

吸湿&発熱の掛け布団であれば救われる、という思いがなぜかありました。

そして、これかなー、と思ったのが、こちら。

掛け布団フランネル三層構造

「吸湿&発熱」ですヾ(@°▽°@)ノ

そして、

「三層構造」とまで謳っています。

これは買いでは?!

しかし。。。

しかし?

お値段が。。。

あ゛〜、お値段が予算外でしたか?!

吸湿&発熱&三層構造!ときたら、

それは、お高いことでしょう”(-“”-)”

いや、

そうじゃなくて、

お値段、安すぎだったのです。

えっ?! ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

吸湿&発熱&三層構造で3,780円

って、お値段が怪しすぎるではないですか( ̄□ ̄;)

安かろう、悪かろうの粗悪品の掛け布団が届いてしまったら、

大きさが大きさ故に、使わずに収納するにも捨てるのにも、憂鬱すぎます”(-“”-)”

なので、ためらい期間がしばらくありました。

でもなぜか。。。この商品に関しては、

だめ元で注文してみよう、

という気持ちになったのです(°∀°)b

さて、吸湿&発熱&三層構造掛け布団が届きました。

レビューに「毛布のように薄い」とあったので、その薄さはそれほど気になりませんでした。

こたつ掛けみたいだなー、という感じ。

しかし、この薄さがミソだったのですね(°∀°)b

この薄さゆえにカラダに布団がぴたっとフィットして、熱を逃さないのです!

一晩中ぬくぬくで、寒さに滅法弱い私にはうれしすぎる〜(⋈◍>◡<◍)。✧♡

分厚い布団って、カラダとの隙間も広くて、首元が寒かったりするのですが、

これは、それがないのですね。

分厚い布団の弱点を埋めるように作られているわけです。

日本人って、こうゆう細かい創意工夫が素晴らしいっ、って感動しますね。

分厚い布団の重さが暖かいと思っていた私は、その価値観を完全に覆されました。

今年もこの掛け布団があれば大丈夫!

と冬支度がルンルンの私なのでした(^_^)v

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。