一日一食、ヴィーガン、飲尿が健康の秘訣

2020年12月に入ってから、一日一食を始めました。

いきなり始めたわけではなくて、

2020年5月から徐々に食べる量を減らしていきました。

一食の中身は、菜食、ヴィーガン食です。

ヴィーガンは、どうやってタンパク質をとるの?

植物性タンパク質から?

納豆やお豆腐や、お豆類を食べないといけませんね。

という話がありますが、

植物性タンパク質摂取にはそれほど気を使っていません。

人体にタンパク質が必要であることは認めます。

筋肉も骨も髪も皮膚も内臓もタンパク質を材料としています。

だから、強力なタンパク質源が必要なことは認めます。

それをとっています(^_^)v

どこから?

尿から。

尿から?!

生命の水 奇跡の尿療法

この本には、

尿は、血であり、肉であり、生体組織である

とあります。

これって、強力なタンパク質材料を指していないでしょうか。

これ以上のものを摂取する必要はないと考えています。

考えています、というか、カラダの声をきくと、

これだけで十分だよ〜、

と感じます。

尿は、内臓を修復する

ともありますので、

もう最強です。

一日一食、ヴィーガン、飲尿

は、現在考えられ得る私の最高の健康法ではありますが、

この形が変わってくる可能性は十分にあります。

一日一食から二日に一食になるかもしれませんし、

飲尿の必要もなくなってくるかもしれません。

今の私のボディレベルにとっては、

一日一食、ヴィーガン、飲尿がいい感じではたらいていますので、

しばらくこの形を続けたいと思います(^_^)v

ちなみに、自分のカラダにとっていい健康法は、

地球にとっても嬉しい健康法とリンクさせて考えないと、

いつか自分の健康が破綻すると考えています。

なぜって、我々は地球から材料をもらって肉体を持ち、地球の上にのっかって生活しているのですから、

地球が不安定だと我々も当然不安定な存在にならざるを得ません。

ヴィーガンライフは、地球にとって優しい食生活です。

動物の吐くメタンガスで地球を温暖化させないですし、

家畜の飼育場所を確保したり、飼料の栽培のためにジャングルを減らす必要もなくなります。

ジャングルの伐採で地球の生態系がどれほど崩されているかに気付いていない人が多いと思います。

ただ、たとえ゛ヴィーガンであっても食べすぎれば地球の資源を奪うことになります。

なので、一日一食ぐらいがちょうどいいのかなー、と思います。

空腹時間を増えせば長寿遺伝子もオンになり若返りますヾ(@°▽°@)ノ

飲尿していれば、食物からのタンパク質摂取に頑張る必要もなく、

食生活がいたってシンプルになります。

食費も大してかかりません。

私の食費は一日500円ぐらいで足りています(^_^)v


全般ランキング

afbロゴ

エカス二日酔い防止サプリ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。