部屋の片づけができない人が健康に近づけない理由について

整体師をしている私が、経験上知りえた、定期的に施術をうけているのになかなか元気になれない人の特徴をあげると、

1. 夜更かし癖がある(就寝時間が12時過ぎ)

2. 入浴しない(湯舟につからずシャワーで済ませる)

3. 部屋の片づけができない

これ以外にもあるのですが、

主要3項目をあげました。

1&2の理由は、なんとなくわかるかと思うのですが、

片づけができないことと不調の因果関係は少しわかりにくいでしょうか?

私のお客さん(Aさん)の例でお話します。

高齢のお母さんと同居のAさんは、当初、お母さんとご一緒に私の治療院に通ってくださっていたのですが、

お母さんの歩行がかなり困難になってきたことから、Aさん宅に出張に出向くことになりました。

Aさんとの日ごろのお話から、自宅がかなり散らかっているであろうことは予測できていましたが、

予想どおりでした((((((ノ゚⊿゚)ノ

何というか、

安定のちらかりぶりです。

↓ (イメージです)

健康オタクのAさんは、周囲にすすめられるもの&ご自分の興味をひいたものを片っ端から購入している模様です”(-“”-)”

光学式〇〇とか、波動チェアとか、足の踏み場もなく、健康グッズが散乱しています。

元々捨てられない性格に加えて、購入するものが多いので、モノは増えていくばかりです。

お母さんにも良さそうと思うとどんどん買ってしまうようです。

しかし、

お母さんに必要な環境は、

安定して歩けるスペースです。

自宅で転倒する回数が増えているお母さんのために、物を片付け、ベッドからお手洗いまでの手すりを設置してほしいのですが、

物が多すぎて、できない((((((ノ゚⊿゚)ノ

それなのに、Aさんはまた健康器具の講習を受講する予定を入れてしまい、高額な器具をまた買うと言っています”(-“”-)”

お母さんにまず必要なことは、安全な歩行スペースと日光浴できる窓辺なのですが、

窓辺には家具がいっぱいで日光浴スペースも、ない∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

窓を開けると猫が出て行ってしまうからと、窓も開けない((((((ノ゚⊿゚)ノ

猫の餌は常に山盛りでおきっぱなし、

床や畳はほこりだらけで、

お母さんの毛布やパジャマはやぶけている”(-“”-)”

健康器具の講習はいいから、まずは部屋の掃除すれや〜〜!!

と絶叫したくなります。

片づけの必要性を少しずつお伝えしてはいるのですが。。。。

Aさんの内面で起きていることは何なのでしょうか?

それは、

外に何かよさげなものがあるに違いないと、

意識が外に外に向いてしまっている心理状態です。

自分の内側にあるものを軽視してしまっている心理が、

自分に最も近いフィールドである住環境の軽視につながっています。

健康オタクでありながら、不浄な住環境にまみれて暮らし、自分のフィールド(オーラ)を汚し続けているという。。。

そして、常に外に意識が向いているため、

地道な宿題ができないのです。

地道で単調でありつつ基本的に大切な宿題がつまらなくて長続きしないので、

筋肉が根本的なところで整ってこないのです。

血流とダイレクトに関係する筋肉状態は、

とてもとても大切なのです。

すべての病気は、血液の質、圧、流れの良し悪しに関係しているのですから、

主要な筋肉を柔らかく保って血流を促しておくことは、健康のための基本の基本なのですが、

そのための宿題ができないので、いつまでも元気になることができないわけです。

目新しい治療法や技術を追い求めることは、刺激的で楽しい側面もあるのですが、

お金をかけたから即健康になる、というわけではないのです。

Aさんの場合、部屋が散らかるだけという結果を招き続けています”(-“”-)”

モノを売り続けないと成立しない資本主義の被害者とも言えます。

健康グッズは、人間の心理を巧みにゆさぶるジャンルであると認識して、

必要のないものを買いこまないように用心するしかないですね(°∀°)b

↓welcome応援クリック!


人気ブログランキング

VDL

エカス二日酔い防止サプリ

リレーヌブラ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。